こだわり

蕎麦づくりの伝統は、片品村より尾瀬を越えた蕎麦づくりの名産地、桧枝岐村(ひのえまたむら)と交流が昔よりありました。

その技術を、沼田の蕎麦作りの上手な方によって脈々と受け継がれ、また、独自の進化を遂げて当地のそばになりました。

 

 

材料

地産地消、地元で採れた材料で、製粉して、蕎麦を打っています。

山水、清冽な清水が山あいより湧出しております。

その最高の水で、仕上げています。

道具

この地ならではの、特殊な打ち方をしております。

独自開発の長い棒を使い、ここでしかない手法での蕎麦打ちをしております。

わさび

もともと蕎麦を打つ前より生産をしていました。

蕎麦にぴったりなので、こちらのほうがルーツかも!